NBA=マジック・ジョンソン氏、ジェームズとのFA交渉秘話明かす(ロイター)

[11日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)、レーカーズのバスケットボール運営部門の責任者を務めるマジック・ジョンソン氏は、6月30日の夜にレブロン・ジェームズの自宅前に車を停め、フリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁されるまで1時間待機していたと明かした。

ミーティングが行われた翌日にはジェームズがキャバリアーズを退団してレーカーズと契約すると発表した。

ジョンソン氏は10日、ケーブルテレビのスペクトラム・スポーツネットを介し、ジェームズとの交渉内容に触れた。2人には中西部の貧しい家庭で育ち、戦うことと勝つことが好きで、レベルの高い舞台で輝けるという共通点があるとし、「すぐに気持ちが通じ合った」と述べた。

ジェームズは、レーカーズの選手全員の名前を挙げることができるほどチームに詳しく、ジョンソン氏の「セールストーク」は不要だったもよう。ジェームズは「自分らしく、ただバスケットボールがしたいだけ。レーカーズなら、それができると思う」と話したという。